競売解決センター

競売のデメリット

 

→  E-mail

 

 

任意売却解決センター

競売ホットライン

任意売却ホットライン

任意売却コールセンター

任意売却デスク

任意売却チャンネル

千葉県任意売却

埼玉県任意売却

神奈川任意売却

競売の後に残るもの

任意売却の豆知識

任意売却モバイル

 

→Home    →デメリット    →競売の流れ   →任意売却の流れ   →業者の選び方   → Q & A        →会社案内  

精神的苦痛

  ご近所にはバレバレです
競売にかかると、裁判所により新聞などで発表されます。 また、インターネットや裁判所の情報は誰にでも見ることができるので不動産業者や金融業者の営業が家に押しかけ、近所の人や知人に知られてしまうことになります。

また、裁判所の執行官による強制執行や残債務の交渉なども自分で行わなければなりません。

   

競売価格

  競売物件の価格は裁判所に委嘱された不動産鑑定士がその価格を決めます。
これが 最低売却価格です。
この価格は市場価格よりもかなり低く、 市場価格の約5~7割に設定されます。最終的には 通常価格の約8割前後で落札される事が多いようです。

 

競売落札

  落札後6ヵ月しかありません
競売で落札されたら6ヶ月間しか退去の猶予期間はありません。 それを過ぎたら明渡し強制執行になる可能性が高いです。 明渡し強制執行とは執行官が作業員と共にやってきて、家財を運び出して強制的に家屋を空にされてしまいます。
   

競売を止めることは出来るか?

 

止めることはできません
抵当権は破産手続の影響を受けないので競売は止められません。

また、競売後の残債務の免責を受けるためには、抵当権者も債権者名簿に記載することが必要です。

債権者との交渉

  残債務の交渉もご自分で
残債務の交渉などはご自身で行わなくてはなりません。 知識のない方の交渉では、債権者側に柔軟に対応してもらう事も難しいと思われます。 もちろん債権譲渡によるサービサー会社との交渉もご自身で行わなくてはいけません。

競売解決センター

フリーダイアル

0120-210-515