競売解決センター

競売の流れ

→  E-mail

 

 

任意売却解決センター

競売ホットライン

任意売却ホットライン

任意売却コールセンター

任意売却デスク

任意売却チャンネル

千葉県任意売却

埼玉県任意売却

神奈川任意売却

競売の後に残るもの

任意売却の豆知識

任意売却モバイル

 

→Home    →デメリット    →競売の流れ   →任意売却の流れ   →業者の選び方   → Q & A        →会社案内  

競売の流れ

   競売って言葉は耳にしたことがありますよね?

では、どんなとき、競売になるのでしょうか?
どんな流れで競売になるか分からない方も多いと思いますので、簡単に流れを

お話しします。

住宅ローンの支払いを滞納し続けると、
1.督促状
2.催告書
などが届きます。
場合によっては、銀行から電話がかかってくることもあります。
たった1回、引き落とし口座の残高不足で・・・
うっかり支払いが遅れただけで・・・
いきなり競売になってしまっては困りますよね。
 そこで、住宅ローンを組まれているお客様には「期限の利益があります。
聞いたことがない言葉で意味がわからないですね。


例えば、2,000万円の住宅ローンのお借入に対して
毎月10万円ずつお支払いします。
というお約束をして住宅ローンを組んでいる場合の
「月々分割してお支払いする権利」=「期限の利益」と呼びます。
ただ、うっかりの1回では済まず、住宅ローンの支払いを2回、3回と支払えない状況が

続き、滞納を繰り返すことで「期限の利益」を喪失してしまいます。
何ヶ月の滞納で「期限の利益を喪失」するのかは金融機関によって異なります。
つまり、分割で支払う権利がなくなり、「残っている住宅ローンを一括で支払いなさい!」

ということです。
「一括で払えるくらいなら、何ヶ月も滞納してないよっ!!!」
お怒りの声が聞こえてきそうですが、でもそれが現実です。
金融機関の担当者としても、「どうせ払えるわけは、ないだろう。」
と分かっているのです。
じゃあどうやって回収するの??

     ↓↓↓ そこで登場するのが「競売」です。 ↓↓↓

ここからは、金融機関の担当者の気持ちを少し交えてお話ししますね。

(金融機関担当者の声)

「一括で払えないんだったら、競売の手続きを進めるしかないけど、
 いきなり競売の申し立てをして、恨まれてもおもしろくないから、
 一応予告通知だけでも送っておくか。」
数週間後、
「やっぱり何も音沙汰ないし、そろそろ競売いっちゃいますか!」
数日後、あなたのもとに、『担保不動産競売開始決定』と書かれた
類が裁判所から届きます。
この書類を受け取って、慌てているあなたは
今、すぐに連絡ください!!まだ、間に合うかもしれません。

 住宅ローンの延滞・差押え・競売は、無料相談で今すぐ解決!

【競売解決センター 無料ご相談受付窓口】

 フリーダイヤル0120-210-515(日本全国対応)

その後、「現況調査について」というお手紙がまたまた、裁判所から届きます。
裁判所の執行官立ち合いのもと、ご自宅の調査をしますよ!!
というものになります。
この調査が終わって、約3ヶ月後
(裁判所によっては1ヶ月もかからないくらいスピードアップされていますが)
『競売3点セット』と呼ばれるものができあがってきます。
・「物件明細書」
・「評価書」
・「現況調査報告書」

この物件の情報の閲覧が開始されますと、ご近所に知れ渡ってしまいます。
毎日毎日、知らない業者から、電話、FAXなどが次々と送られてきて・・・
ご自宅にまで、直接押しかけてくる業者もあります。
この書類が届いているあなた・・・
もう、手遅れかもしれません。
ダメでもともと、この書類を手元に置いて、一度お電話ください。
ちなみに、競売の開始決定から、開札までは各裁判所の事件件数によりますが、数年前までは、半年から1年くらいかかっていました。
しかし、最近では競売の開始決定から開札まで3ヶ月という裁判所もあります。
今までお話ししてきた、何らかの書類を受け取っているあなた、
もう猶予はほとんどありません。
すぐに受話器を手にしてください。


 ↓↓↓↓↓↓   大急ぎでご連絡ください!   ↓↓↓↓↓↓

【競売解決センター 無料ご相談受付窓口】

フリーダイヤル 0120-210-515(日本全国対応)