競売解決センター

任意売却の流れと料金

→  E-mail

 

 

任意売却解決センター

競売ホットライン

任意売却ホットライン

任意売却コールセンター

任意売却デスク

任意売却チャンネル

千葉県任意売却

埼玉県任意売却

神奈川任意売却

競売の後に残るもの

任意売却の豆知識

任意売却モバイル

 

→Home    →デメリット    →競売の流れ   →任意売却の流れ   →業者の選び方   → Q & A        →会社案内  

任意売却の流れ・費用

 

任意売却の費用と任意売却の流れについて

 皆様からお問い合わせがあった場合、どのような流れで
「任意売却」を進めていくのかお話ししたいと思います。
「任意売却」の流れの説明の前に・・・
お電話が鳴って、よく聞かれるのが、「相談の料金っておいくらですか?」という言葉です。

 ご相談に関しては『無料』で行っております。
「はぁ~、安心した。」という声が聞こえてきそうですね!!
当社は、不動産会社です。
弁護士でも、司法書士でもありません。
ご相談料・コンサルタント料というものは頂いておりません。

「任意売却」後の物件の売買のときに係る「仲介手数料」で運営しています。

「仲介手数料」= 売買価格 × 3% + 6万円 + 消費税
となっています。
 その「仲介手数料」っていうのも、払えないとよく聞きます。
ご安心ください。
こちらの「仲介手数料」は、あなたの物件が売れたときに、お借入をしている債権者にお支払いする代金より、当社にいただくことになっております。

   「任意売却」のための費用は「不要」です!!

とは、言っても、
売却のために必要なあなたしか取得できない、身分証関係の書類「印鑑登録証明書」や

「住民票」とか、物件の書類「評価証明書」といったものを 役所でとっていただく必要はあります。

1通、取得するには数百円程度の費用となりますので、ご理解下さい。

さて、「任意売却」の費用についてひと安心されたあなた・・・
いよいよ、本題の「任意売却」の流れについてお話しします。

 (1)お客様からのお問い合わせ
     ↓
 (2)当社より、必要書類(媒介契約書、委任状等)を送付
     ↓
 (3)お客様から書類が返送されてくる
 
 ☆当社では、この時点で「任意売却」の「受付」となります。
     ↓
 (4)債権者へ連絡、販売の開始について同意をえる

 ☆債権者のやり方もいろいろあります。

  1.販売価格を指示してくる債権者
 
    ⇒これは、「その販売価格であれば抹消に応じますよ!」というもの

  2.具体的な金額は言わず、

   「購入希望者が現れたら検討します。」という債権者

  ↑↑これらの場合は、販売活動を開始し、購入希望者を探します。↑↑

  3.「全額返済出来ないのであれば、任意売却には応じられません。」
 
    ⇒この場合は、「ごめんなさい。当社では受け付けられません。」

     となってしまいます。
     ↓
 (5)購入希望者が見つかりました
     ↓
 (6)抵当権抹消の同意をえる
     ↓
 (7)売買契約の締結
     ↓
 (8)代金決済

  ☆買主様よりいただいた売買代金を債権者へお支払い(返済)する。

  ☆債権者と今後の支払い方法について交渉をする。
     ↓
 (9)新しい生活のスタート 


さて、だいたいの流れはおわかりになりましたか??
債権者もいつまでも待ってはくれません。
その際には、『競売の申立』をしてくることも充分考えられます。
その場合、原則としては、
開札までに、任意売却でお話しがまとまれば、競売は、取り下げとなります。
ただし、現状では
期間入札の前に、決済出来ない場合は、
競売の取り下げの同意が得られないことが多くなっています。
と、いうことも踏まえ、

当社へのご相談は、くれぐれもお早めにお願いします。

【競売解決センター 無料ご相談受付窓口】

フリーダイヤル 0120-210-515(携帯/PHS対応)